ロボアドバイザーの口座タイプと口座開設方法

今回は、人気の資産運用サービスロボアドバイザーの口座タイプと、口座開設方法について説明しています。
口座開設は、選ぶ口座タイプによって、確定申告時の手間が省きますので、間違いないように申し込むようにしないといけません。
どの口座タイプがおすすめなのかを、それぞれの口座タイプの特徴を説明しながら紹介したいと思います。

まず一番ポピュラーなのが一般口座というものです。
一般口座では確定申告の書類を自分で計算して作らなければならず、源泉徴収もされませんので後々納税をしなくてはいけなくなります。
ただ、他の金融商品を保有していて、損益通算をする必要があるケースなどで、この一般口座を選ぶことになります。

特定口座というのは、確定申告をする時に必要となる、損益を計算した書類の作成を、業者側が代行してくれる口座です。
この特定口座には、源泉徴収ありと源泉徴収なしの二つのタイプの口座に分かれていて、源泉徴収なしを選ぶと、文字通り運用で出ても源泉徴収されません。
そのため後日、確定申告をして納税をしなくてはいけなくなります。
一般口座との違いは計算した書類を、作成する必要がないということだけです。

特定口座の源泉徴収ありを選ぶと、確定申告も納税も基本的には必要なくなります。
本業がある人は、こちらを選んでおけば税務処理の手間が省けて大変便利です。
ちなみにこの三つの口座タイプは途中で切り替えることができませんので、最初の口座開設申し込みの時に、しっかりと考えて申請をしなければなりません。

さて、そんなロボアドバイザーですが、自分で運用するよりも安全なのでしょうか?
一時期は資産運用を自分で行うことが、流行ったことがあり、デイトレードなどの短期売買で利益を上げる方法などの情報が世の中に沢山出回っていました。
しかし実際のところ、短期売買で個人が取引を行い最終的にプラスサイドで終われた人というのは、ごく少数しかいないようです。
そう考えると、やはり資産運用は信頼できるロジックを採用したプロ、もしくはロボアドバイザーに任せる方が安心できるのではないかと考えられます。

これから資産運用を考えている人は、自分で勉強する事も大事ですか、より安全な金融商品を選ぶことも資産を守る上で重要なことです。
他にも色々な人気の金融商品があります。
バイナリーオプションなどのように、短期間で資金を倍に出来るような投機商品も存在します。
ですが、まずは、リスクを抑えた長期運用から始めてみることです。
ロボアドバイザーは、長期運用を安定的に管理してくれますので、この機会に調べてみるといいでしょう。