ロボアドバイザーを始める前の準備をしよう!

みなさんは、自動で資産運用を代行してくれる、ロボアドバイザーという金融商品をご存知でしょうか?
今回はそのロボアドバイザーについて詳しく説明しながら、口座開設などの準備に関する情報を紹介したいと思います。

ロボアドバイザーとは、そもそもどういうサービスなのかと言うと、金融アルゴリズムを使った資産運用代行サービスのことを言います。
資産運用代行サービスというのは、銘柄を選んで購入するだけではなく、ポートフォリオを調整しながらリターンを最大限に獲得していく管理をしていきます。
業者によっては税金を節税するために、含み損を計算して所得額を調整する機能を備えたロボアドバイザーもあります。

運用は長期で行われ、投資家が預けた資本金は、毎月一定額が引き落とされて分散投資が行われます。
いわゆる投資信託に似たような性質がある金融商品ですが、運用を独自のプログラムに任せているというところが大きな特徴です。
投資される銘柄は、海外の上場投資信託や株式などです。
国内の銘柄にも投資するロボアドバイザーもありますが、基本的には世界中の色々な銘柄に分けて投資されるため、その中で国内の銘柄はごく一部となります。

さて、そんなロボアドバイザーを始めるには、まず口座開設をする必要があります。
口座開設は誰でも簡単に申し込むことができますので、手続きが複雑なわけではありません。
業者のHPから、パソコンやスマホを使って申し込むだけです。
これといった準備も必要ではなく、所得審査もありませんので、一般的な所得があれば審査に通るかと思われます。
ただし、必ず口座開設が承認されるわけではありませんので、注意が必要です。
用意するべきものは身分証明ができる書類だけですので、スマホで画像を撮って保存をしておきましょう。
口座開設が完了したら、ログインIDとパスワードが記載された書類が届きますので、それを使ってログインを行います。

ロボアドバイザーは、自分で運用するのと何が違うのかというと、圧倒的に手間がかからないということが、違いの一点として挙げられます。
投資家は、一旦資金を預けたら自分の裁量を入れることができませんので、全てをロボアドバイザーに任すことになります。
運用だけではなく管理も代行して行ってくれますので、忙しい人でも、 自分の自己資金を投資運用することが可能です。
システムトレードとは全然違いますので、注意が必要です。
これから始めようと考えている人は、ロボアドバイザーに関する情報をよく調べてから、口座開設を申し込むようにしてください。