ロボアドバイザーの今後の運用成績はどうなる?

今回は、今人気のロボアドバイザーというサービスの今後についてお話します。
今現在は経済市況がとても活発なので、ロボアドバイザーのような金融商品に注目が集まっている状態です。
今後は、この状況がどうなっていくのでしょうか?
投資を成功させる上で「流れ」を読むことは、極めて重要なポイントとなります。
いつロボアドバイザーを始めればいいのか?
この点に注目して、詳しくお話したいと思います。

ロボアドバイザーを始める理想のタイミングは、経済状況が上向きになっていくときか、底を打った時です。
こういった投資商品の値動きは、上がり下がりを繰り返して変動をします。
ですので、悪い状況の時もあれば、良い状況の時もあります。
それに対応するため、ロボアドバイザーは複数の銘柄に資金を分散して投資を行います。
状況が悪い時は債券などの値動きの変動が少ない銘柄にポートフォリオの内容を傾け、ローリスクの運用ができるよう、自動でポートフォリオをリバランスしてくれます。
ですから、どの時期に始めるかというよりも、どの程度の資金を口座に預けるか、と言う視点で考えた方がいいかもしれません。

大事なのは、自己資金の性質をよく知っておくことです。
もし預け入れる資金が生活費などの一部であれば、ほとんどの場合運用がうまくいかないでしょう。
生活を圧迫してまで投資をしてしまうと、いざという時、解約しなくてはいけなくなり、長期運用が失敗に終わってしまいます。
ですから、預けられる資金は、当面必要のないお金、もしくは失っても生活に支障をきたさないお金に限定した方がいいです。
自己資金を守る考えがしっかりしておけば、後は自動でリスクを抑えた運用を行ってくれますので、正直な話あまりタイミングを気にする必要はないかもしれません。

ひとつ言うと、あまり市場の様子が活況すぎる状況の時に資金を投入してしまうと、そこから下がり基調に入ってしまうリスクも考えられますので、注意が必要です。
一番いいのは、全体市場が割安に落ち込んでいる時に仕込むのが、ベストなタイミングだと思われます。
人の行く道の裏に花ありということわざがあります。
やはり、人が騒いでいる時には、あまりそれに乗じて騒がない方がいいということです。

あと、積み立てる金額は、こちらで設定ができます。
市況が悪い時は少額の積立に切り替えて、パフォーマンスが良くなった段階で積立てる金額を増やすという方法もあります。
ロボアドバイザーは、投資を全く知らない初心者でも、すぐに始めることができますが、ある程度は、経済的な知識を入れておいた方がいいかもしれません。
長期運用を成功させるために、まずはロボアドバイザーに関する情報を調べてみましょう。