誰でも資産運用ができる!ロボアドバイザーの使い方

投資の初心者から経験者まで、幅広く口座開設されているサービスがあります。
それは、ロボアドバイザーという資産運用サービスです。
これまで「投資」と聞くと、勉強が面倒であったり危険であるというイメージが定着しているかもしれません。
自分で投資をやって儲けることが出来なかった人は、ロボアドバイザーを利用してみるといいでしょう。
今回は、ロボアドバイザーの選び方や使い方について、詳しく説明していきたいと思います。

まずロボアドバイザーの業者選びのコツについて説明すると、一番大事なのは運用実績ではないかと思われます。
ロボアドバイザーは、投資家の裁量で運用するわけではありませんので、業者の運用成績が悪いところにお金を預けることはできないでしょう。
運用実績は、ロボアドバイザーを提供している業者のホームページに公開されていますので、必ず確認をしておくようにしましょう。

次のコツは、業者自体信頼できるところがどうかをチェックすることです。
有名な大手企業や、大手企業とタイアップしているような業者であれば、安心かと思われます。
ロボアドバイザーは、ここ数年で人気が出始めているサービスですので、色々な業者が参入し始めています。
中には怪しいところもあるかもしれませんので、業者を選ぶ際には十分注意が必要です。

後は手数料体系についても、確認しておかなければならない事項でしょう。
長期的な運用になると、少額の手数料でも、かなりの金額を負担することになってしまいます。
ロボアドバイザーの平均的な手数料は0.5%から1%が相場なので、これを上回ってくる手数料を請求されるところは取引を控えた方がいいかもしれません。
また手数料体系には固定報酬型と成功報酬型に分かれる制度を採用しているところもあります。
固定報酬型とはいくら儲けても損をしても、一定額の手数料が口座の預かり資産から徴収されるタイプです。
一方成功報酬型というのは、資産運用で生じた利益に対して徴収される手数料のことです。
業者によって色々なルールがありますので、よく条件を確認してから、口座開設を申し込むようにしましょう。

ちなみに手数料は、元本がマイナスになっても徴収されてしまいます。
そうなってくると、かなり負担が大きくなってしまいますので、複数の業者の手数料体系を比較して、できる限り低い料金設定のところを選ぶようにしましょう。
これまでは、自動売買と言えばシステムトレードが主流でしたが、今後はロボアドバイザーがよく利用される投資手段になるかもしれません。
この機会に、ロボアドバイザーに関する情報を調べてみましょう。